転職が普通にできる現代

今と昔で比較すると、転職は今の社会において当たり前になりつつあります。

昔の日本では、定年まで同じ会社で働き続ける終身雇用や年功序列が一般的で、皆それが当たり前だと思っていました。しかし、現在は一昔前までの常識が崩れつつあるのです。
不況により、新卒で就職したにもかかわらず会社が倒産したり、リストラされたりといったことは、今の時代では珍しいことではありません。
そこまでの状況に至らなかったとしても、中にはサービス残業を強いられることで体調を崩し、働き続けられなくなる人も大勢いるのです。

現実と理想が違った場合、人は転職を考えます。もちろん、その職場でじっと我慢する人もいるでしょう。しかし、現代では新しい職場を求めて、自分から積極的に動きだす人も多いのです。
おそらく、「今の仕事が天職で、仕事がとても楽しくて毎日充実している」と思っている人は、そんなに多くありません。辛い職場であれば色々なストレスがたまり、体と心が悲鳴をあげている状態でしょう。鬱という病気は、まだ社会に定着してそれほど年月は経っていませんが、誰もがなりうる病気です。

今、仕事において、労働時間・仕事内容・人間関係など、さまざまな問題に悩み苦しんでいる人にとって、転職は助けになるのです。今まで働いて得た知識や経験を生かし、同じ業界内で探すもよし、新たな業界にチャレンジするのも良いでしょう。今よりもっと楽しく、充実した毎日が過ごせる職場で働けるように、自ら行動することが大切なのです。
現代で転職が当たり前になってきたのは、そう思う人が増えてきた結果なのかもしれませんね。

Leave a Reply