経験が無くても入りやすい介護業界

高齢者の増加と共に、介護の需要は年々高まっています。そのため、介護業界は比較的転職しやすいと言われています。
実際、介護職の求人募集が多くあります。しかし、いくら需要が高くても、転職を繰り返すような人は敬遠される傾向にあります。なぜかというと、介護は要介護者と密にかかわる仕事なので、一般的な常識を持っている人を求めているからです。

一概に、転職を繰り返す人が常識が無いという訳ではありません。キャリアを考えた上での転職であれば、問題視されることはないでしょう。曖昧な理由で職場を頻繁に変える人に対し、常識が無いと見る面接官は多いです。
もし、特に理由の無い転職を繰り返した人であっても、はきはきと笑顔で挨拶できる人であれば大丈夫なことが多いです。逆に言えば、これらの事が出来れば、介護の経験が無かったとしても介護の仕事はしやすいと言えます。

一般的に、結婚や出産など、家庭の事情で一度職を離れた女性が再び働くために仕事を探す場合、即戦力になる経験と資格を持っている人が有利です。介護の場合は、人の世話をすると言う事が即戦力になるので、家庭での経験がとても役に立ちます。
職場に主婦仲間が多ければ皆で助け合う事も出来るので、子供の体調不良や家庭の急な用事など、急な休みに対応できる職場もあります。
一方で、数ある介護施設の中には、いわゆる「ブラック」と言われる勤務条件の悪い職場もあるので、仕事を探す時はあらかじめ勤務条件や口コミなどをしっかりと確認する事が大切です。

介護専門の大手求人サイトでは、就職を希望する人をサポートしてくれる就職コーディネーターが居ますので、そうした人を利用するのも一つの手です。就職コーディネーターは施設の内情に詳しい人が多いので、求人票に載っていない情報を教えてくれることがあります。

Leave a Reply